独立を視野に入れたIT技術

まったくの異業種からIT関係に飛び込んで来た友人が、数年前に独立しました。
その仕事はホームページ作成が主な仕事で、システムのサポートなどもしているため、自分の手に負えない時は助けてもらっています。
独立までに面倒を見て下さった会社の社長さんには引き止められたようでしたが、その決心は揺るぎませんでした。

そして今年の春、かなり大きな仕事が舞い込み、嬉しい悲鳴を上げています。友人ともども、その結果に涙が出そうになりました。
友人が独立を選んだ理由のひとつが、子どもを都会ではなく自然の多い場所で育てたいと言う思いからでした。

通勤時間が長ければ、子ども達と触れあう時間は少なくなります。
商社でサラリーマンとして生活していた時期、とにかく奥様の手助けを出来ない状況が悩みだったのだそうです。そこから、どうにか自宅で仕事が出来ないだろうかと考えた結果、ITの世界に飛び込んで来たのです。

最初から独立を視野に入れた異業種への転職でしたので、なかなか受け入れてくれる会社も見つからず、途方に暮れていた時期もありましたが、必死にITに関する勉強だけは怠っていませんでした。

その甲斐あって、いい会社とご縁があり、数年での独立となりましたが、本当にいい仕事とご縁があるのか、今はとても楽しそうに仕事をしています。
子ども達はまだ小さいのですが、お父さんが家にいて、仕事をしている背中を毎日見ることが出来る環境は素晴らしいものだと思います。

私も子どもに仕事をしているところを見てもらっていますが、すぐそばで応援してもらえるとやる気が違います。
30歳を前に、一大決心をした友人に私も元気をもらっています。
独立は、ただの夢では終わらないのだと教えられました。

これから先、もし独立を目標としている人がいれば、ぜひ友人のように輝く充実の毎日を送ってほしいと願っています。独立するための志や長く活躍するためのヒントなどはこちらが参考になりそうです。良かったらどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です