IT関係に就職するなら

IT関係の会社の総務職に応募する時、IT関係の専門用語をしっかりと理解していなければならないのかと聞かれることが多いです。
特に、女性からの質問が多いのですが、いつも答えはひとつです。そんなことはありません。
成長過程にあるIT関係の会社は、人材育成に前向きです。やる気が見えるかどうかに重点を置き、仕事を続けられるかどうかを見ています。続かなさそうな人材を、育てようと思うひとはいません。

どんな会社も同じことが言えるかもしれませんが、不安な顔で面接を受けてもいい結果には繋がりません。
仕事を続ける意思が明確に見えるひとが、面接で選ばれやすいと言うことを書いておきます。
IT関係の会社へ就職を考える場合、特殊な業界と言う概念にとらわれて、特別なことが出来なければ難しいと考える方が多いことに驚きます。

私自身、最初から色々と出来たわけではありません。
郷に入れば郷に従えと言うことわざがありますが、会社も同じです。特に、自社システムを運用している会社などでは、どんなにエクセルやワードが出来てもその知識は役に立ちません。

どれだけ柔軟に、触ったことのないシステムに馴染めるかどうかです。
試用期間を長く設定してくれている会社などは、しっかりとした教育期間を設けてくれている場合が多いです。
IT関係に就職することを、そんなに難しく考えないで欲しいと思います。
自分で窓口を狭めているだけだと思いますよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です